通信制大学とは?一般的な大学との違い

通信制大学で出来ること

通信制大学は通学制大学と同じように学位の取得や大学卒業資格を取得する事ができます。仕事との両立をしながら、マイペースでの学習が可能で、通学制大学よりも学費が安い事が特徴です。自己学習を中心にしながら、一定期間のスクーリングを行う事が多いです。最近ではeラーニングのみで完結する学科も出てきました。人に邪魔されずに学習したい、移動の時間を別のことに有効活用したいという人には向いています。

多く言われている問題点としては、自学自習であるため学習が続かなかったり、仕事などと併用して学習している場合には学位の取得まで時間がかかってしまうことが挙げられています。また、人間関係が希薄になりやすく、情報交換などは行われにくい傾向にあります。そのため、はっきりとした目標や信念がない場合には途中で学習を諦めてしまう方が多くいるようです。

一般の大学とどう違う?

一般の通学制大学との大きな違いは、人との関わりが少ないということです。移動はもちろん、学習も一人で進めていくので、周りの人と何かを一緒にすると言うことはほぼありません。そのため、集中して自分のペースで学習を進めたい人には通信制大学は向いていると言えます。一般的に想像するキャンパスライフというものには程遠く、スクーリングなどの面談でも学習のための集まりであるため、学校生活を楽しむという雰囲気にはなりにくいです。 また、通信制大学は一般の大学よりも社会的な評価が低い傾向にあります。学歴として考えるなら、通信制大学は向いていないと言えるでしょう。しかし、学びたい目的があり、こつこつとマイペースな学習ができる方には、通信制大学は最適な学習方法の一つといえるでしょう。

教育免許を通信教育で取得することは可能です。自分のペースで学習が出来るため、企業で働いている状況でも教育免許を取得できる点が魅力となっています。