通信制大学のメリットとは!

学費がとにかく安いこと

通信制大学に通うメリットはいろいろとあります。1つは学費が安いということが挙げられるでしょう。たとえば、私立大学の場合だと文系と理系の平均の初年度学費はおよそ130万円です。それに対して、通信制大学の初年度学費はおよそ13万円でわずかに10分の1に抑えられます。スクーリング履修を選んだときには授業料以外にスクーリング受講料を別途払わなければいけませんが、それにしても学費がいかに安いか一目瞭然でしょう。それでいて大学に通学して単位と卒業を取得した人たちと同じ学士号を取得することができるのです。通信制大学は正規の大学教育なので、授業を履修してきちんと単位を取得して卒業すれば通学の卒業生と同じ学士号を得られます。

社会人でも学習できる

通信制大学の大きなメリットの1つは、やはり働きながらでも学ぶことができることでしょう。大学に入学せずに仕事に就いた人の中には大学で授業を受けたいと思っている人もいます。そのように働きながら学びたい人に学習の機会を提供しているのが通信制大学なのです。通信制大学は自宅学習が基本ですし、自分の好きなペースで学習を進めることができます。最近はネットを経由して自宅で授業動画を見て勉強する方法が流行っています。あるいは、スクーリング履修であれば夜間に授業が行われるので、昼間働いていても仕事が終わった後に授業を受けることが可能です。他にも、さまざまな年齢層の人々と交流することができますし、入学試験が設けられていないこともメリットでしょう。

英語の教員免許を通信大学で取得する場合、高卒認定試験合格者や大学中退など、最終学歴に応じて入学年次が異なる場合があります。